人気のオメガ~とつく油は、一体どんな種類があるのか?

昨年あたりから大人気のオメガ系脂肪酸の油ですが、一体どれを取ったら健康を維持できるのか?よく分かっていない人が多い様です。

私もオメガって何?と言う位、全く無頓着な時期もあったのですが、普段使う油の事なので色々調べてみたところ、かなり興味深かったのでついつい詳しくなってしまった感じです。

オメガと付く油はオメガ3系・6系・9系と3種類あって、基本的には健康を維持するうえで必要な脂肪酸と言う事になっていますが、健康を維持できるからと言って摂り過ぎるのも良くないのです。

特に6系に関して言うと、近年は摂りすぎ傾向にあるのでむしろ減らそう!と言う動きが多い様なのです。

因みにオメガ6系の油は、一応必須脂肪酸のリノール酸の油の事を言うのですが、普段炒め物をする際によく使われたりマーガリンの主原料でもあるコーン油やごま油やヒマワリ油などもリノール酸なので、思い返してみると結構普段から食べている事に気付くと思うのです。

なので、オメガ6系脂肪酸に関しては、特に意識して食べなくても良いと言うか、摂るのを減らした方が良いと言う傾向にある様です。

一方、オメガ9系の油ですが、一般的にはオレイン酸と呼ばれています。

悪玉コレステロールを排除する働きがあるので、悪玉コレステロール値の高い人は率先して摂った方がイイと言われています。

オメガ9系脂肪酸の油が多く含まれているのは、かの有名なオリーブオイルだったり、アボカドの果実のまんまやナッツ類に多く含まれているそうです。

悪玉コレステロールは増えると動脈硬化などの原因になるので、なるべく普段から意識して摂る様にして行きたいですね。

最後に、今大人気のオメガ3系脂肪酸の事ですが、特に多く含まれているのが青魚と呼ばれているタイプの魚で、主にEPAやDHAと呼ばれています。

EPAは血液をサラサラにしてくれる事で知られていて、DHAは頭が良くなる?事で有名になりました。

頭が良くなる?と言っても本当に急に頭が良くなるわけではなく、脳内のまだ未開拓の地域を開拓して神経シナプスを積極的に延ばして繋げようとするのが、DHAなんだそうです。

なので、DHAを積極的に摂っていると認知症の予防になったり、勉強している時は記憶力が良くなってきたと感じる人も居る事から、頭が良くなる~と言われているのです。

他には、エゴマ油や亜麻仁油がオメガ3系脂肪酸として知られていますが、スーパーの油コーナーでもいつも品薄になっているので、まだまだオメガ3系脂肪酸の人気は続いている様です。

オメガ3系脂肪酸の油の他の効果は、脂肪を燃焼したり高血圧を防いだり、メタボの予防だったり花粉症などのアレルギー症状の緩和~などなど多様な効果があるので、毎日欠かさず摂って健康を維持して行きましょう。