老化が促進するタイミングで、老化が促進しない様にする方法

老化が促進するタイミングで一番有名なのは、25歳はお肌の曲がり角~と言う話かもしれません。

24歳までは成長しているのに対して、25歳になると突然?老化現象が始まる人が多い事から、この言葉が言われるようになったと考えられるのです。

実際、25歳になると四捨五入するともう30歳ですし、アラサーと呼ばれる世代にも突入するので、あながち25歳はお肌の曲がり角と言うのは間違っていないと言うか、先人たちの目の付け所と言うか美容に対する意識は高かったと言えるでしょう。

この25歳のお肌お曲がり角で最初の老化促進が来るのですが、この時に一気に老け込んで年齢より年上に見られてしまう様になるかならないかの差は、24歳までにしてきたスキンケアが鍵を握ると言っても過言では無いのです。

大抵は、シワが出来たらシワを消すためのクリームや美容液を塗る様になりますが、24歳までは特にシワも出来ていないけど将来シワが出来やすいお肌に予め、シワ対策用のスキンケアを施していくのがお勧めです。

何お出来ていない目尻だったり、ほうれい線が出来やすい鼻から口の周辺に、既にシワが出来てしまった時に塗るクリームや美容液を塗り続けていると、いざ!本当にシワが出来る時期になった頃になってもシワが出来ずに済むのです。

このケアの事をアンチエイジングと言って、老化を防止するケアになります。

一方お肌の曲がり角をしっかり曲がってしまって老化が促進してしまった人は、曲がり角をとりあえず曲がらずにキープした人とは違うケアに移行していきます。

曲がり角を曲がってしまった~=シワが出来てしまったと考えられるので、ココからはエイジングケアと言うスキンケア方法になるのです。

出来てしまったシワをこれ以上深く刻み込まない様にするケアをするのですが、24歳までのアンチエイジングとは違って、リアルに出来てしまったシワに対して行う点で必死度がかなり違ってくるかも知れません。

シワはそれ一つあるだけで年齢が5~10歳も老けて見られる様になってしまうからなのです。

出来てまだ日が浅いシワなら、毎日のスキンケアで確実に薄くしてなうすことも可能ですが、しっかりと刻み込まれてしまったシワは、頑張って何とか薄くする程度までしかスキンケアでは難しいので、それで必死にケアする様になるのです。

なので、こんな風にシワが出来て毎日シワを消すことばかり考えるスキンケアをしたくない!と言う場合は、24歳までのスキンケアでなるべくシワが出来やすそうな所に狙いを定めてケアをして行くと、将来その部分にシワが寄らないまま25歳以降を迎えることが出来るでしょう。